2019年現在、浮気がバレる原因第一位はLINEから!?スマホのLINEを使ったパートナーの浮気を見抜くポイント

更新:2019年11月5日 あんしん浮気調査編集部
54 view

こんな人にオススメ

パートナーのLINEやスマホから、浮気や不倫を見破りたい人
2019年現在、浮気がバレる原因第一位はLINEから!?スマホのLINEを使ったパートナーの浮気を見抜くポイント|あんしん浮気調査

2019年現在、様々なSNSが普及していますが、中でも日本で最も普及しているSNSは何といってもLINEでしょう。

最近の若い人では、メールや通話を使わず、ほとんどのコミュニケーションをLINEで済ますという方も多いのではないでしょうか?

そんなLINEの普及の陰で、LINEから浮気や不倫がバレる事例が年々増加の傾向にあります。

筆者の良く知っている大手探偵事務所のカウンセラーに聞いたところ、パートナーのスマホのLINEやカカオといったSNSから浮気や不倫を疑って相談… というケースが、おおよそ3割~4割程度にものぼるようです。

今回は、LINEから浮気や不倫が発覚しやすい理由や、LINEをきっかけとした浮気や不倫を見破るポイントについて、 探偵事務所に勤務した経験のあるカウンセラーの目線から解説をしてみたいと思います。

LINEから浮気や不倫が発覚!の目次

  1. LINEから浮気や不倫がバレやすい理由
    1. SNSの中でも、圧倒的な普及率
    2. リテラシーの低い人でも使いやすい
    3. セキュリティの設定がされていない場合が多い
  2. パートナーのLINEから浮気を見破るポイント
    1. メッセージのポップアップ通知
    2. 画面を下にして置く、近付くと端末を隠す
    3. 文字の入力履歴(学習機能)
    4. LINEに送られた画像
    5. タイムライン
  3. LINEに残っている浮気や不倫の痕跡は、不貞行為の証拠になる?
    1. タイムラインに残されたメッセージ
    2. いちゃいちゃしている写真/動画
    3. 性行為の写真/動画
  4. まとめ

LINEから浮気や不倫がバレやすい理由

SNSの中でもLINEを発端として浮気や不倫が発覚してしまう原因はいくつかありますが、 集約すると「誰でも簡単に使える利便性の高さ」や「普及率の高さ」が関係しています。

それぞれについて簡単に解説します。

SNSの中でも、圧倒的な普及率

日本国内においては、SNSの中でもLINEの普及率は他を引き離して圧倒的な地位を確立しています。

カカオやfacebook、twitter、Instagramといった他のSNSでも、一対一でコミュニケーションができる機能は備わっていますが、 この記事を読まれている方の中でも「メインはLINE」という人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

主要SNSのアクティブユーザー率(全体に対するアクティブユーザーの割合)の推移を示したチャート|あんしん浮気調査

こちらのグラフでも、SNSの中でも如何にLINEの普及率が高いのかが見て取れますよね。

これだけ普及率が高いと、LINEから浮気・不倫がバレる確率が高いというのは自明の理です。 つまり、「他のSNSよりも際立って浮気や不倫がバレる確率が高い訳ではないが、分母が多いから目立っている」という点は、理由として一つあると思います。

リテラシーの低い人でも使いやすい

普及率の高さに伴って、リテラシーが低い人、つまり「細かいセキュリティやプライバシーの設定ができない人」の人数も多くなります。

特にLINEの場合、twitterやInstagramのような「何かを発信する」事を目的としたSNSではなく、 主婦や高齢者、子供でも扱える、ごく普通の(普段使いの)コミュニケーションを目的としているSNSの為、 主婦や高齢者といった、セキュリティやプライバシーに関心が低い人にも多く使われがちです。

この為、不用意にグループチャットに発言をし、意図していなかった人に情報が伝わってしまったり、 間違えてメッセージを送信してしまったり、というミスによって意図せずに浮気や不倫が発覚してしまうというケースが後を絶ちません。

また、主婦や高齢者を中心に、LINEはもとよりスマホの仕組みを理解していないという場合も多く、 「LINEから送られてきた画像をダウンロードしたら、端末に保存されてしまい、消し方がわからない」といった話や、 果ては「ダウンロードした画像が勝手にGoogleフォトで同期されてしまい、家族間で共有されてしまった!」という話もよく聞かれます。

このように、高い普及率によってリテラシーが低い人からの利用が増えている事が、LINEから浮気・不倫がバレる事が増えている一因となっています。

セキュリティの設定がされていない場合が多い

セキュリティの設定がされていない場合が多い|あんしん浮気調査

リテラシーとも関連しますが、スマホやLINEのセキュリティの重要性を理解していない方が多く見受けられます。

例えば、「いちいち解除するのが面倒だから、LINEにロックをかけていない」という方も、あなたのまわりにも何人か居るのではないでしょうか。

LINEは、以前はPCからのアカウント乗っ取りや複数端末からのログインなど多くの問題点を抱えていましたが、 2019年の現在は大部分が修正され、しっかりと設定すれば最低限のセキュリティが確保できる仕組みが備わっています。

例えばPCからLINEへのログインは設定で拒否する事ができますし、二段階認証によるより強固な認証を設定する事で、 他人が容易にアクセスできないようセキュリティを確保する事が可能です。

しかし、これらのセキュリティの設定はやや敷居が高い為、あまり使われていないのも事実です。

この為、アカウントの乗っ取りによって浮気や不倫の事実が漏洩したり、 パートナーから不正ログインをされて浮気や不倫が発覚してしまったりするのです。

パートナーのLINEから浮気を見破るポイント

さて、浮気や不倫が発覚しやすいLINEですが、具体的にスマホのどのような部分から発覚するかご存知でしょうか?

ここでは、実際に浮気調査の相談をしてきた方々から聞いた話をもとに、浮気や不倫が、LINEのどういったところから発覚するのかをお話しします。

パートナーの浮気や不倫を疑っている方は勿論ですが、逆に「パートナーに浮気や不倫を隠したい」人にも参考になりますので、是非ともご一読ください。

メッセージのポップアップ通知

セキュリティの設定がされていない場合が多い|あんしん浮気調査

LINEで浮気や不倫が発覚するほとんどのケースは、「メッセージのポップアップ通知」によるものと言われています。

LINEは、誰かからメッセージが届くと、画面上にポップアップが表示されますよね。このメッセージのポップアップ通知が届く事により、 パートナーや親しい人に、浮気や不倫が発覚してしまうというのが「LINEで浮気や不倫が発覚してしまう」一番の理由です。

しかも、LINEのポップアップ通知はロック画面でも表示されてしまいますので、ロックがかかった状態であっても容易に見られてしまいます。

一緒に居るパートナーのスマホにLINEメッセージのポップアップ通知が届き、何気なく目をやると何やら親愛な様子を伺わせるメッセージが… これを不審に思って、浮気や不倫を疑うという人が後を絶ちません。

但し、Android 7.0以降のLINEは2018年11月のアップデートでポップアップ通知が廃止されましたので、最近はこの機能によって浮気が発覚する事が減ってきているようです。

画面を下にして置く、近付くと端末を隠す

ポップアップ通知を見られたくないからという理由も勿論ありますが、パートナーにやましい行動をしている時は、心理的にスマホを隠したくなるものです。 特に、浮気や不倫の最中はこのような心理が強く働きますので、何気ない生活の中でも画面を下にして机に置いたり、パートナーの行動範囲にスマホを置きたくないといった潜在的な行動に現れます。

もちろんパートナーにスマホを触らせるなんてもっての他です。

「ちょっと端末を貸して」「検索させて」と声をかけてみた時に、明らかにうろたえたり、何かしらの理由をつけて端末を触らせないといった行動が見られたら、 浮気を疑ってみても良いかもしれません。

文字の入力履歴(学習機能)

文字の入力履歴(学習機能)|あんしん浮気調査

LINEからの浮気や不倫の発覚経路として意外と盲点なのが、文字の入力履歴(学習機能)から浮気が見破れるという点。

スマホに搭載されている入力機能のほとんどは、学習機能といって「過去の入力を記憶しておき、次に入力しやすいように候補として表示する」機能を備えていますよね。

この機能は初期状態で有効になっている場合が多く、またキーボードの無いスマホでスムーズに文字を入力する為に欠かせない便利な機能である事から、あなたのスマホでも有効になっているのではないでしょうか?

この機能が有効になっている場合、そのスマホで最近入力された言葉が容易に確認する事が可能です。 例えば「あ」と打ってみて、入力候補の前の方に「会いたい」とか「愛している」といった言葉が出た場合、最近その言葉が入力されたという事です。 日頃の生活の中で、余程親しい人にも「会いたい」とか「愛している」といった言葉をスマホで打つことはほとんどありませんので、高い確率で浮気している事がわかりますよね。

なお、この学習機能はスマホ自体が持つ機能の為、アプリの垣根を越えて共有されるという点も、浮気や不倫が発覚してしまう理由の一つです。 つまり、メールやLINEで入力した履歴が、ブラウザなどでも共有されてしまうのです。

この為、LINE等のパートナーに見られたくないアプリ自体は隠している為、問題ないだろう…という軽い気持ちでパートナーにスマホを渡したところ、 Googleの検索でも入力履歴が候補として表示されてしまい、浮気相手の名前まで発覚してしまった…という事例も聞かれます。

LINEに送られた画像

浮気相手からLINEのタイムラインで送られてきた写真や動画。

これらは、通常LINE上でしか見られないものですが、スマホに保存するとたちまち他のアプリでも見られるようになってしまいます。

しかも、Android標準の「ギャラリー」を始めとした最近の画像ビュワーは非常に優秀で、保存した写真や動画を自動的に検索して表示してくれます。

この為、うっかりLINEで送られてきた写真や動画をスマホに保存した事が原因で、関係ないと思って何気なく起動したギャラリーのアプリ上に画像が表示されてしまい、浮気や不倫が発覚してしまう事も往々にしてあります。

更に、最近のスマホは自動的に画像をクラウドに保存する機能が備わっているものもあります。

AndroidのGoogleサービスはまさにこのような機能を持っており、同期を有効にしておくことで、スマホに紐づいているGoogleフォトというサービスに自動的に画像をアップロードしますし、 iPhoneでも、同じアカウントを使っているiPhoneとiPadは画像が同期される機能が備わっています。

この為「スマホにしか保存しなかったのに、いつの間にか別のデバイスに同期されてしまい、家族写真の中に浮気相手の写真が…」といった目も当てられない状況になってしまう事も実際にあり得るのです。

タイムライン

浮気相手とのメッセージが赤裸々に記録されているLINEのタイムライン。

これは浮気や不倫をしている人にとって最も気を付けなければならない部分ですよね。

本来、LINEはこういったプライバシーを設定する機能があり、LINEアプリを自分だけ動作できるようにパスコードをかける事ができます。

このパスコードが設定されていれば、仮にスマホの認証を突破されたとしてもLINEのタイムラインを簡単に見られる事はないのですが、 「自分は大丈夫だろう」「パートナーが勝手にスマホを見るはずがない」といった思い込みや過信で、スマホにはロックをかけていても、LINEは何の制限もしていないという人がほとんどです。

この為、今でもタイムラインから浮気や不倫を看破されるケースが後を絶ちません。

また、逆に言うと、LINEのパスコードが設定されている場合、「パートナーに対して隠したい事がある」という事でもあります。 あなたのパートナーのLINEにパスコードが設定されていたら、浮気や不倫を疑っても良いかも知れません。

LINEに残っている浮気や不倫の痕跡は、不貞行為の証拠になる?

LINEに残っている浮気や不倫の痕跡は、不貞行為の証拠になる?|あんしん浮気調査

さて、パートナーのLINEから浮気を見破るポイントをいくつか紹介しましたが、もし浮気や不倫が疑われる痕跡が見つかった場合、 不貞行為の証拠になるのでしょうか?

いくつかの事例を交えて解説してみたいと思います。

タイムラインに残されたメッセージ

タイムラインに残っていた親密な様子を伺わせるメッセージ。 例えば「愛しているよ」とか「次にいつ会える?」といったものは、不貞行為の証拠になるのでしょうか?

結論から言うと、タイムラインに残されたメッセージも証拠にはなります。(証拠能力はあります)

これはLINEに限った話ではないのですが、民事訴訟においてはあらゆるものが証拠能力を持ちます。 この為、LINEのタイムラインに残されたメッセージの画面キャプチャや、メッセージを撮影した写真なども証拠となり得ます。

しかし、証拠になるからと言って証明力があるか(証拠が裁判官の心証に及ぼす力があるか)は別の問題です。

タイムラインに残されたメッセージは、浮気や不倫を疑うには十分ですが、「浮気や不倫が実際に行われたか」を証明する事はできません。

メッセージの内容にもよりますが、「酔っぱらって送信した」「間違って送信した」「アカウントがハッキングされた」といった言い訳ができてしまうのです。 この為、タイムラインに残されたメッセージは「証拠の証明力」という意味では弱いものと言えますし、これのみで不貞行為が認定されることはほとんどありません。

いちゃいちゃしている写真/動画

いちゃいちゃしている写真/動画|あんしん浮気調査

タイムラインに残された親密なメッセージと同様、証拠能力はあります。

しかし、いちゃいちゃしている写真や動画だけで、不貞行為が行われたと認定されることはないと思った方が良いでしょう。

そもそも不貞行為とは、「夫婦や婚約している恋人同士、もしくは内縁関係の男女の一方が、パートナー以外の異性と自由な意思で肉体関係を持つこと」を言います。 つまり、不貞行為であるといえるためには「肉体関係」が存在することが必要です。

この為、キスや手をつなぐ、抱きついているといった行為だけでは、不貞行為とは言えないのです。

ただし、夫婦生活を破壊させるような行為であれば、肉体関係が明らかではなくても、不貞行為であるとみなされることがあります。 たとえば、性行為の類似行為(一緒に風呂に入る、オーラルセックス)は不貞行為があると判断される可能性があります。

性行為の写真/動画

もしパートナーのスマホから、パートナーと見知らぬ誰かの性行為の写真や動画が出てきたら…

これは、明らかに「肉体関係」が存在することを客観的に証明するものですよね。 パートナーの個人が特定できる、且つ「肉体関係」があった事が明らかであれば、不貞行為の証拠として認められる可能性は非常に高いです。

もしこういった写真や動画がパートナーのスマホから出てきたら、ファイル自体を保存するか、 またはそれが難しいようなら、更にあなたのスマホで写真や動画として保存しておく事をおすすめします。

まとめ

最近は、LINEをはじめスマホからの浮気や不倫の発覚が多くなってきており、今回の記事を書こうと思い立ちましたが、如何でしたでしょうか?

スマホはパソコンと比べて「簡単に使える」「パソコンよりも敷居を低く」という思想で設計されている為、 意図せずに外部のサービスに共有されてしまったり、デバイス自体のセキュリティの認識の甘さから浮気や不倫が発覚してしまうケースがあります。

実際、探偵事務所に相談される方の中でも、LINEやスマートフォンといった身近なデバイスから浮気や不倫の気配を感じて連絡を取ってくるという人が多くいらっしゃいます。

この記事をご覧の方の中で、パートナーの浮気や不倫を疑っている方がいらっしゃるのであれば、パートナーのLINEやスマホを少しだけ注意深く観察する事をお勧めします。

スマホの中まで見てしまうとプライバシーの侵害となってしまう場合があるので注意が必要ですが、パートナーの何気ない仕草やスマホの扱いなどでわかる事がきっとあるはずです!

LINEをはじめSNSをきっかけとした浮気や不倫の浮気調査に強い!SNS探偵の異名を持つ『HAL探偵社』

調査料金:
96,000円~(探偵2名/1日)
料金体系:
成功報酬&料金後払い
規模・拠点数:
国内最多クラスの全国19拠点
調査員の質:
自社で探偵学校を運営、全員バイク免許を所持
支払方法: 一括、分割、クレジットカード
相談方法: 電話、メール
※ 『調査料金』は、一日8時間の浮気調査としてHAL探偵社の単価を適用して計算したものです。これは一般的な経費を含む金額ですが、調査内容や調査員の人数、調査地によって別途料金がかかる場合があります。必ず探偵事務所に確認してください。

HAL探偵社なら、浮気調査の現場を熟知したNPO法人日本家族問題相談連盟公認のカウンセラーが24時間年中無休で窓口業務を行っていますので、迅速にあなたの悩みを相談する事ができます。

HAL探偵社は大手探偵事務所ならではの信頼感と格安の料金の二つの大きな魅力で、当サイトからも多くの人が相談をしている人気の高い探偵事務所です。パートナーの浮気や不倫で悩まれている方は、前向きに検討頂きたい探偵事務所です。

最終更新日:2019/11/05

このサイトの運営者

かおりん
このサイトを運営している『かおりん』です。 過去の職業柄、浮気や不倫の問題、離婚問題についての知識が普通の人よりちょっとだけあります。 これらの知識を活かして、浮気や不倫でお困りの方の問題解決のお力になれればと思います!