無料相談から調査終了まで…浮気調査・不倫調査の流れや進め方、押さえておくべき重要なポイント

こんな人にオススメ

浮気調査・不倫調査が、どのような流れで行われるのか知りたい人

探偵による浮気調査、不倫調査がどのような流れで行われるのか、ご存知ないという方も多いのではないでしょうか?

探偵の業務というのは日常生活で身近にあるものではないですし、浮気調査や不倫調査もほとんどの人にとって未知の領域であると思いますので、 逆に知っている人の方が少ないかも知れません。

ここでは、一般的な浮気調査や不倫調査の流れをステップごとに説明します。

探偵事務所や契約する料金体系によっては、手順が若干異なる場合もありますが、 ほとんどのケースではここで書かれた流れに沿って行われる事になると思います。

これから浮気調査を行いたい方や、探偵事務所を探したい方は是非とも参考にして貰えればと思います。

目次

  1. 電話・メール相談
  2. 対面相談
  3. 見積もり受領
  4. 契約
  5. 浮気調査
  6. アフターフォロー
  7. 浮気調査の流れまとめ

電話・メール相談

ほとんどの探偵事務所は、電話やメールでの相談を受け付けていますので、まずはここに連絡して浮気調査について相談するのが良いでしょう。

浮気調査の内容はまだ固まっていなくても大丈夫ですが、『いつ』『誰を』『どこで』『いくらくらいで』くらいは伝えた方が話がスムーズに進みます。

調査場所や日程によっては、探偵事務所側から断られる場合もありますし、 逆に探偵事務所の対応がイマイチだったり、担当者が頼りないと感じた場合はこちら側から『少し検討します』といった形で相談を終えても全く問題ありません。 (当然ながら費用も一切かかりません)

電話・メールでの相談は、ほとんどの探偵事務所は詳細な調査の内容や料金まで伝えてきませんので、 もしもう少し話を聞いてみたい、依頼しても良いと思った場合は、次のステップに進む事になります。

電話・メール相談は、漠然とした内容と費用感を伝え、その探偵事務所で調査可能か(対応可能か)を知るステップ。

浮気調査の疑問などを気軽に相談することができ、大手の探偵事務所であれば話を聞いて頂く担当者の性別も選択できます!

対面相談

電話やメールでの相談の後は、対面での面談となります。

対面での面談は、多くの場合は探偵事務所か、カウンセリングルーム(面談室)で行われます。

ここでは、調査を行うにあたって、工数や調査内容を算出する為に必要な話し合いが中心となります。 多くの場合、以下のような内容の話をする事になりますので、予め用意しておくと良いでしょう。

浮気調査を行う相手の情報(現在の関係・勤務先・勤務状況等…)
浮気調査を希望する日程
浮気調査の場所
浮気調査の予算
浮気調査後の予定(慰謝料の請求有無、復縁、離婚等)
(持っているなら)浮気の証拠
(わかるなら)浮気相手の情報(名前、住所、写真など、持っている範囲で)

なお、(主に遠方の探偵事務所に依頼する場合など)探偵事務所やカウンセリングルームに訪問できない場合は、 出張面談といって『近くの喫茶店やファミレスまで担当者が来て面談を行う』場合があります。

これは、探偵事務所によって対応できない場合もありますので、出張面談を希望する場合は、 電話・メール相談の時点で確認するのが良いでしょう。(大手であれば無料で対応してくれると思います)

出張面談であっても、事務所での面談と話し合われる内容は全く変わりませんが、 『探偵業届出証明書』の確認は必ず行うようにしましょう。

探偵業者が探偵業を営むにあたって、探偵業の届出を行う必要がありますが、 その際に交付された偵業届出証明書は、営業所の見やすい場所に掲示すると定められています。

探偵事務所やカウンセリングルームで面談を行うのであれば、これを自分の目で確認できますが、 出張面談の場合は確認できません。この為、偵業届出証明書のコピーなどを持ってきて貰って必ず確認するようにしましょう。

また、ほとんどの場合、希望する調査日程もこの時点で話し合われますが、調査日程の確定は『契約時』という事が多いです。 (この時点ではまだ日程まで決まっていない場合が多い為、候補日を伝え、見積りや契約の段階で確定させる場合がほとんどです)

対面相談は、実際に探偵事務所の人と詳細な内容を話し合う場です。

ここで話し合われた内容によって調査内容が決まり、浮気調査の見積金額も確定しますので、 調査対象の情報や現在の状況等は正確且つ詳細に話すようにしましょう!

また、契約の前に聞いておきたいことがあれば全て確認し、疑問点を残さないようにすることが大切です!

見積もり受領

対面相談で話し合われた内容により、探偵事務所が浮気調査の見積りを行い、見積書を提出してきます。 この時点では浮気調査の内容が既に確定していますので、見積書に記載された金額は、最終的な金額です。

但し、探偵事務所によっては経費のみ後で清算となる場合がありますし、 成功報酬の探偵事務所の場合は調査が成功で終わったか失敗で終わったかによって支払う費用が異なってきますので、

見積書の金額=支払う金額 とならない

場合がある点に注意しましょう。

そして、こういった『見積書に明記されていない内容や金額』の部分が、まさに探偵事務所とのトラブルとなる可能性が高い部分です。 『見積書の金額以外で費用がかかるケースとその金額』、『見積書の金額以外で費用がかかる場合は事前に連絡があるか』といった点は必ず確認し、 必要があれば見積書に明記して貰う事をお勧めします。

また、見積書を受領したらすぐに回答するのではなく、少し時間をおいて冷静に考える事をおすすめします。 探偵事務所によっては、見積りの提出後に早めの契約を勧めてくる場合がありますが、一度持ち帰ってよく考えた方が良いです。

なお、通常の見積書は『受領後〇日間有効』といった有効期限が明記されており、 この期間内は見積りの内容や金額が変わる事はありませんので、数日間熟慮してから回答したとしても、 金額が変わることはまずありません。

見積書に記載されていなかったり、曖昧になっている部分を後から請求された、 といったトラブルが多い為、『見積書の金額以外で費用がかかるケースとその金額』は必ず詳細に確認を!

また、予算以上の浮気調査を無理に行っても、良い事はありません。 セールストークに惑わされる事なく、冷静に『無理なく出せる金額』かどうか確認しましょう。

見積書を手渡しで受領した場合は、できればその場で即答するのではなく、一度持ち帰って数日間熟慮する事をおすすめします。

契約

調査内容や見積りが納得できるものだった場合は、いよいよ契約です。

まずは、探偵事務所から重要事項の説明があります。 これは探偵業法で定められている義務で、必ず以下の内容の説明があります。 (もし無かったらアブナイ探偵事務所です!)

探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、あらかじめ、 当該依頼者に対し、次に掲げる事項について書面を交付して説明をしなければならない(第八条一項)

商号、名称又は氏名及び住所 法人にあってはその代表者の氏名
各公安委員会に届け出た、商号・名称若しくは氏名又は、営業所の名称及び所在地並びに当該営業所が主たる営業所である場合にはその旨
営業所において広告又は宣伝をする場合に使用する名称がある場合にはその名称
個人情報保護に関する法律、その他の法令を遵守すること
提供することができる探偵業務の内容
委託に関する事項
対価その他の依頼者が支払わなければならない金銭の概算額と支払い時期
契約の解除に関する事項
探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関すること
秘密保持について(第十条の内容)

重要事項の説明で問題がなければ、いよいよ契約となります。

相談で話し合われた内容や見積りの金額、重要事項の内容に相違ないか確認しながら契約書を確認し、疑問点があるようなら契約前に必ず解決するようにしてください。

問題なければ契約書にサイン(探偵事務所によっては印鑑の押印も)を行って契約完了です。 前払いの探偵事務所の場合は、この時点で料金を支払う必要があります。

契約を行うと、浮気調査の内容や日程などは基本的に変更できません。

契約書は必ず細部までチェックし、一点も疑問や懸念が無い状態で契約書にサインをする事が非常に大切です!

前払いの探偵事務所の場合は、この時点で料金を支払う必要があります。

浮気調査

契約で定められた内容に沿って浮気調査が行われます。

探偵事務所によっては、浮気調査中、定期的にリアルタイムの報告を受けられる場合がありますし、 浮気調査中に突発的なトラブルが発生しないとも限らない為、浮気調査日は連絡が取れる態勢で待機しておくことをおすすめします。

また、もし浮気調査の前後で、浮気調査が行えない特段の事情が発生した場合は、速やかに探偵事務所に連絡をした方が良いです。

例えば、たまたま対象者が急病で入院したり、田舎の知人の不幸で急遽葬式に参列することになったり、 急な海外出張が入った場合等がこれに該当します。

こういった場合は、浮気調査を行う事自体ができなかったり、浮気調査を行っても結果が出る可能性は著しく低い為、 探偵事務所に連絡の上、その後の浮気調査をどのようにするか話し合う事になります。

浮気調査の実施中は、特に依頼者側がすることはありません。調査が成功する事を祈りながら、調査終了の報告を待ちましょう。

探偵事務所によっては、浮気調査中の状況をリアルタイムで報告を受けることができる場合もあります。

アフターフォロー

浮気調査が終わり、報告書を受領した後の対応は人によって様々です。

浮気調査を行った結果、浮気の痕跡が見当たらなければほっと一安心ですが、 もし浮気の痕跡があった場合、復縁か離婚、または現状維持(気付かなかったフリ)のいずれかを選択する事になります。

また、浮気相手やパートナーに慰謝料の請求を行う人も。

復縁ならまだしも、離婚調停や離婚裁判、慰謝料請求は一般の方にとってかなりハードルが高いですよね。 そんな時、浮気調査のアフターフォローとしてほとんどの探偵事務所では弁護士の無料紹介を受ける事ができます。

また、人によっては追加で浮気調査を行う場合もあります。 これはアフターフォローではなく『再調査』となりますが、探偵事務所によっては1回目よりも割安で浮気調査が行える事もあります。

余談ですが、浮気や不倫による不貞行為を司法の場で認定される為には、1回分の証拠だけだと弱い可能性があります。

配偶者と不倫相手の間に肉体関係があったということをしっかりと立証できれば、1回限りの証拠であっても不貞行為になります。 逆に、もし証拠がたくさんあっても、証明力が曖昧だったりすると、不貞行為と認められない場合があるのです。

この為、更なる証拠を取得する為に、再び浮気調査を行う方が結構いらっしゃいます。

浮気調査の流れまとめ

如何でしたでしょうか。

探偵事務所やプランによって細部は異なる場合がありますが、 おおよそどこの探偵事務所であってもこのような流れで浮気調査が進む事になると思います。

浮気調査は、多くの人にとって経験のないものですが、 流れを知っているだけでも少し安心できますよね。

浮気調査を成功させるには『探偵事務所選び』が全てといっても過言ではありません。 良心的な価格で技術力が高い探偵事務所を選ぶことができれば、きっとあなたの浮気調査、ひいてはその後の人生も必ず良い方向に進むと思います。

浮気調査を成功させるには『探偵事務所選び』が大切です!

浮気や不倫の問題を解決したいとお考えなら、浮気調査の流れをしっかり把握して、 まずは無料相談で第一歩を踏み出す事をおすすめします。

最終更新日:2018/11/15

このサイトの運営者

かおりん
このサイトを運営している『かおりん』です。 過去の職業柄、浮気や不倫の問題、離婚問題についての知識が普通の人よりちょっとだけあります。 これらの知識を活かして、浮気や不倫でお困りの方の問題解決のお力になれればと思います!