浮気調査・不倫調査を探偵に依頼した場合の料金体系や料金相場、ぼったくり料金の基準

こんな人にオススメ

浮気調査・不倫調査の料金体系や、おおよそどれくらいの料金がかかるのか知りたい方

浮気調査って、目に見える成果は最終的な調査報告書だけで、 調査前の準備や調査途中の過程が全く見えない為、適正な調査が行われているのか、 もっと言うと『その浮気調査の料金は適正か』を判断するのは難しいですよね。

実際、何名かの浮気調査を検討されている方や浮気調査を行った方と話をしたところ、 詐欺や法外に高額な請求、つまり料金について不安を持たれている方が多くいらっしゃいました。

浮気調査の料金は、探偵事務所間の競争の激化や最近の不景気の影響もあってか、 ひと昔よりかなり下がっており、探偵1名1時間あたり5,000円前後の単価で浮気調査が行える時代です。

その反面、一部の悪徳な探偵事務所では、曖昧な契約や調査によって後から見積りにない料金を請求されたり、 『別れさせ業務』のような違法性が高い活動によって、相場とはおおよそかけ離れた料金が発生するケースもあります。

こういった料金にまつわるトラブルに見舞われないよう、このページでは探偵事務所にる浮気調査・不倫調査の料金体系と、 適正な浮気調査の料金(浮気調査の相場)についてまとめました。

これから浮気調査を行うつもりの方は参考にしてみてください。

目次

  1. 浮気調査・不倫調査の料金体系
    1. 時間単位の料金体系
    2. 日単位の料金体系
    3. セット料金の料金体系
    4. 成功報酬の料金体系
  2. 浮気調査の料金相場・格安料金の基準
  3. 浮気調査のぼったくり料金の基準
  4. 浮気調査の料金まとめ

浮気調査・不倫調査の料金体系

まずは浮気調査・不倫調査の料金体系から説明します。

はじめに、探偵事務所や興信所が行う浮気調査・不倫調査という調査業務には、定価のようなものはありません。 調査員1名1時間あたり5,000円と設定しても、調査員2名7日間で1,000,000円と設定しても、それは探偵事務所の自由という事になります。

この為、浮気調査は、料金の金額はもちろんですが、その料金体系からして多種多様です。 ここでは、最近多い料金体系を一部紹介します。

調査員1名1時間を単位とする料金体系【時間単位の料金体系】

最も多くの探偵事務所で採用されている料金体系が、この調査員1名1時間を単位とする料金体系です。

この料金体系は至ってシンプルで、浮気調査で現場に出た調査員の人数と、調査に要した時間、 それに時間あたりの単価を掛け合わせて計算されます。

調査員の人数×時間×時間単価

このように、シンプルな計算で総額が算出できる為、依頼者にとってもわかりやすく、 且つかかった人件費や工数と連動する為、依頼者としても納得感がありますよね。

探偵事務所によっては、この『時間単位の料金体系』の『単価』の部分に、 交通費、車両費、報告書作成費用といった最低限の経費が含まれる場合がありますが、経費は別途という場合もあります。

また、これも探偵事務所によってまちまちですが、中には『成功報酬』といって、 浮気調査が成功した場合のみ支払い義務が発生する場合もあります。 (成功報酬については後日記事を書きますので、そちらを参考にしてください)

【時間単位の料金体系】は、調査員の人数と時間、単価によって料金が決まります!

調査員の人数×時間×単価(+経費)

経費は探偵事務所によって基本料金に含まれる場合と、含まれない場合もありますので、探偵事務所によく確認を行ってください。

調査員1名1日を単位とする料金体系【日単位の料金体系】

先に説明した【時間単位の料金体系】の単価を日単位とした料金体系です。

調査員の人数×日数×日単価

計算が日の単位とっており、単価も1日あたりの単価になるだけで、【時間単位の料金体系】と考え方は全く一緒です。

ただし、時間単位の料金体系と決定的に異なるのは、『1日を何時間で計算するか』を考慮する必要がある点です。

これは探偵事務所によって様々ですが、何社かの探偵事務所にヒアリングをしたところ、 多くの探偵事務所は一日=5時間~6時間とみなしているようですが、中には8時間とする探偵事務所もあれば、 『基本は5時間だが、証拠が取れそうな場合はサービスで延長する場合もある』という探偵事務所も。

また、この料金体系は日単位で計算される為、時間単位の料金体系よりも無駄が多く発生する場合があります。 例えば、【日単位の料金体系】で契約したものの、実際の浮気調査が4時間で終了した場合、1日分の料金を支払う必要があります。

しかし、探偵事務所によっては最低稼働時間分の料金しかかからない場合もありますので、 契約の際にちゃんと確認するようにしましょう! (成功報酬については後日、別の記事を書こうと思いますので、そちらを参考にしてください)

【時間単位の料金体系】は、調査員の人数と日数、単価によって料金が決まります!

調査員の人数×日数×単価(+経費)

経費は探偵事務所によって基本料金に含まれる場合と、含まれない場合もありますので、探偵事務所によく確認を行ってください。

また、調査が短時間で終わった場合に料金が1日分発生するのか、それとも稼働した時間分発生するのかは、探偵事務所によって様々です。 これも必ず確認するようにしましょう。

セット料金の料金体系

セット料金(パック料金とも言います)は少し前までは人気の料金体系でしたが、最近では目にすることが少なくなってきた料金体系です。

このセット料金という料金体系は、基本的には時間単位や日単位の料金体系と考え方自体は変わりませんが、 『調査員1名40時間分でいくら』といった感じで、ある程度の時間までの料金として定めた料金体系です。

セット料金の考え方は、携帯電話やスマホの『定額従量制』に似ています。

よくある携帯の料金体系で、『毎月、高速通信10ギガまでは定額で、10ギガを超えたら別途料金がかかる』というものがありますよね。 探偵事務所の『セット料金』もこれと一緒で、『調査員1名40時間まで定額、40時間をを超えたら別途料金がかかる』とい感じです。

ちなみに、調査員の人数や一回の浮気調査の時間は、ある程度柔軟に対応してくれるます。 例えば以下のような感じです。

調査員2名で5時間の浮気調査を4回(合計で40時間分)
調査員2名で10時間の浮気調査を2回(合計で40時間分)
調査員4名で10時間の浮気調査を1回(合計で40時間分)

この料金体系のメリットは、『調査日を後から変えられる』という点。

対象者の様子を観察し、浮気しそうな日を事前に予想した上で、探偵事務所に依頼できますので、 契約時に日程まで確定させる従来の料金体系よりは無駄なく精度の高い調査が可能です。

反面、多くの探偵事務所では『セット料金の時間を一定期間内に使い切らなければならない』という制限があり、 この部分はデメリットと言えるでしょう。

これはどういう事かと言うと、多くの探偵事務所では、『セット料金の期限』を定めており、これが1ヶ月と定められている場合は、 『1ヶ月のうちに40時間分の調査を行わなければならない(残ってしまうと無駄になる)』という事です。

つまり、対象者が突発的な仕事の都合で長期出張が入ってしまい、到底浮気相手と会わなそうな場合や、 対象者が急病で入院をする事になった場合など、決められた期間内に浮気調査が行えないと、 支払った費用はまるまる無駄になってしまいます。

また、

調査員2名で5時間の浮気調査を4回(合計で40時間分)

このパターンを選択した場合、たまたま浮気調査の最初の2回でバッチリ証拠が取れてしまうと、 残りの2回分は無駄という事にもなってしまいます。

証拠は多ければ多いに越したことはありませんので、残してしまうよりは、3回目と4回目も浮気調査をすれば完全に無駄とは言えませんが、 必要十分な証拠が既に取れているなら、本来は高い費用を払ってまでする必要のないものですよね。

こういったセット料金の難しさがありますので、『うまく活用できればメリットが多いが、 自分で判断する部分が多く、玄人向けの料金体系』と言えます。

※ セット料金に含まれる時間や経費、契約期間等は探偵事務所によって大きく異なり、上記に記載されたものはあくまで一例です。

セット料金の料金体系は、時間単位に換算すると他の料金体系よりも割安になる場合が多いです!

しかし、セット料金の時間を使い切る期間が定められていたり、既に結果が出たから途中で打ち切るという事ができない等、 浮気調査の内容をイメージできている人向けの料金体系という事が言えます。

成功報酬の料金体系

成功報酬の料金体系は、先に説明した調査員の人数と時間(日数)による料金体系とは根本的に考え方が異なり、 浮気調査に要した時間や調査員の人数に関係なく、『浮気調査が成功したらいくら』という料金体系です。

成功報酬は、更に『着手金ありの成功報酬』と『完全成功報酬』の二つに分類され、 『着手金ありの成功報酬』は事前に着手金を支払う必要があり、 『完全成功報酬』は文字通り事前に一切の費用がかからず、成功した場合のみ支払い義務が発生するというものです。

一見すると依頼者にメリットが多い料金体系に見えますが、この『成功』をどの地点と定めるかによって、トラブルに発展する可能性が高い料金体系です。

例えば、成功報酬の『成功の地点』として多いのは、『浮気相手との密会の様子を証拠として収集し、二人が別れるまで発覚する事なく調査を継続した』というものです。

この場合、対象者が浮気相手と会って食事をし、そのまま不貞行為を行わずに別れても最後まで尾行して定期的な証拠を取っていれば『成功』になり、料金の支払い義務が生じます。『え!?不貞行為の証拠が取れていないのに、成功になるの?』と思われる方も居ると思いますが、このような契約であれば、『成功』と見做されます。

もう一例、『浮気相手との不貞行為に及ぶ事が類推される(つまり、ラブホテルに出入りする)証拠を収集したら成功』というケースを考えてみます。 この場合は、前の例よりも依頼者に寄り添った契約ですよね。依頼者が最終的に必要なもの『証拠』が成功報酬の『成功地点』と一致しています。

但し、このような成功報酬は『契約が行えない場合がある』、『成功報酬が高額となる』可能性が高い点は注意が必要です。

よく考えてみると、『ラブホテルに出入りする証拠を収集したら成功』という事は、逆に言うとラブホテルに出入りしなければ支払い義務が生じません。 依頼者の勘違いで『対象者が浮気をしていなかった』場合、この成功地点に到達する事はあり得ない、つまり探偵事務所が丸損になってしまうのです。

こんな不確実な料金体系で契約をするというのは、探偵事務所にしても高いリスクを抱える事は明らかです。 この為、浮気や不倫の確証が無ければ契約自体が行えなかったり、契約できたとしてもリスク分が上乗せされて高額になってしまうのです。

一見するとメリットが多そうな成功報酬ですが、このように難しい問題をはらんでいますので、 成功報酬で浮気調査を依頼する際はよく気を付けるようにしましょう。

【成功報酬の料金体系】は、『成功』を定めた地点に到達したら料金を支払う特殊な料金体系です!

一見すると『成功しなければ料金を払わなくて良い』為、依頼者に優しい料金体系にみられがちですが、 どのような場合に『成功』となるのかをしっかり理解して契約しないと、トラブルに発展する場合があります!

浮気調査の料金相場・格安料金の基準

ここまでは浮気調査の料金体系について書いてきましたが、 次は浮気調査の適正な料金(相場)・格安料金の基準について書いてみたいと思います。

上で書いた通り、浮気調査の料金体系は大きく分けて

・時間単位の料金体系
・日単位の料金体系
・セット料金の料金体系
・成功報酬の料金体系

この4つがあり、それぞれ浮気調査の料金や浮気調査に対するアプローチが異なっている為、 一言で『相場はいくら!』と言い切れる事ができません。

ただ、探偵1名1時間あたりの適正料金という事であれば、ある程度基準となる料金は計算できます。

まず、一般社団法人日本探偵業協会のホームぺージに記載のある『探偵の人件費』について引用します。

東京近郊の場合、1人前の腕の良い調査員の時間給は3000円~4000円前後といわれています。 それ以外にも事務所維持に必要な経費がありますから、どの程度の料金価格水準が妥当か考える参考になると思います。

東京近郊における調査員・探偵の人件費は、3,000円~4,000円という事がわかりますね。

もちろん浮気調査・不倫調査を行う為には、人件費の他に事務所の維持費がかかりますし、 調査用の自動車やバイク、カメラといった機材の費用もかかります。 調査員・探偵が正社員なら、当然ながら福利厚生や社会保険料の負担もあります。

これらの機材にかかる金額は、探偵事務所の方針によって様々です。

例えば機材にあまり費用をかけない探偵事務所の場合、市販のカメラと携帯電話を活用するところもありますし、 ある大手探偵事務所の場合は、自社で板金工場を所有したり、調査機材を独自に開発していますので、膨大な費用が掛かる場合もあります。

こういった経費をざっくりと計算すると、私の知る限り、最低でも人件費の1.5倍、 大手の場合は2.5倍~3倍くらいはかかるでしょう。

つまり、3,000円~4,000円の1.5倍、4,500円~6,000円が、探偵事務所を維持できる(最低限の機材で浮気調査を行える)単価となります。

自社で多くの機材を揃えたり、開発を行っているような大手の探偵事務所の場合は3,000円~4,000円の2倍~2.5倍、6,000円~10,000円くらいが、採算の取れる単価のラインです。

ここに探偵事務所の利益を乗せると、『探偵事務所・興信所の探偵1名1時間あたりの適正な単価は、5,000円~12,000円前後』という事が言えます。

ここで、再度一般社団法人日本探偵業協会のホームぺージを見て頂きたいのですが、

この協会が、協会会員の探偵事務所・興信所に対して行ったアンケートによると、探偵2名の時間単価は以下のようになりました。

1.0万円~1.5万円 24%(諸経費別)
1.5万円~2.0万円 28%
2.0万円~2.5万円 36%

これは探偵2名の単価である事から、探偵1名にすると5,000円~12,500円で約9割を占めている事がわかります。

この結果からも、探偵事務所・興信所の探偵1名1時間あたりの適正、つまり相場は、 調査員1名1時間あたり5,000円~12,000円前後という事が言えると思います。

浮気調査のぼったくり料金の基準

先に記載した探偵事務所・興信所の探偵1名1時間あたりの適正な単価、相場をご覧頂いた後なら、 浮気調査のぼったくり料金(不当に高い料金)の基準はおおよそ予想がつくと思います。

私の感覚としては、適正な単価・相場が、5,000円~12,000円前後である事を勘案すると、単価が12,000円を超えると『高い』と言えると思います。

また、単価が15,000円を超えると『ぼったくり』と言って差し支えありません。

浮気調査の料金まとめ

長々とお付き合いありがとうございました。

最後になりますが、『もし私が浮気調査をするなら』という観点でお話します。

もし私が『配偶者の浮気が強く疑われていて、慰謝料請求や離婚裁判の為に証拠を取りたい』なら、 まず『時間単位の料金体系』か『日単位の料金体系』で探偵事務所と契約し、日程を1日に厳選した上で1回こっきりの浮気調査を行います。

探偵2名で1回なら安い探偵事務所なら10万円、大手の信頼性が高い探偵事務所でも18万円くらい。

まずこの1回の浮気調査で、『本当に浮気相手・不倫相手がいるのか』を判断します。 また、もし浮気相手の身元も判明させられるなら、お願いしてしまうと思います。

これは契約時に『相手の身元判明が可能な場合はそこまでを契約に含める』のが良いと思います。 (浮気や不倫をしていなかったら、身元判明の費用はかからない事をしっかりと確認しましょう)

そして、報告書と調査員からの報告を受けて、どのようにするか判断します。 もし慰謝料請求をするなら、相手の身元が判明していなければどうしようもありませんので、ここで『相手の身元判明』が活きてきますよね。

ただ、慰謝料請求にしても離婚裁判にしても、1回の証拠ではかなり心許ないので、追加でもう一回浮気調査を行うと思います。 2回目は、1回目と同じ探偵事務所に依頼できればスムーズですが、対応が心許なかったり、料金的に難があるようなら、別の探偵事務所でも問題ありません。

また、2回目は安く確実に証拠が取れるように、20時間くらいのセット料金でもいいと思います。

これはあくまで私の浮気調査プランですが、もし参考になるようなら参考にして頂ければと思います!

最初の浮気調査は『確実かつ最小限のコスト』で行うのがおすすめ! いきなり何日もの大規模な浮気調査を行うのは得策ではありません。

お財布と相談しながら段階的に事実を固めていき、最終的にあなたの望む解決に向かえばいいのです。

最終更新日:2018/11/15

このサイトの運営者

かおりん
このサイトを運営している『かおりん』です。 過去の職業柄、浮気や不倫の問題、離婚問題についての知識が普通の人よりちょっとだけあります。 これらの知識を活かして、浮気や不倫でお困りの方の問題解決のお力になれればと思います!